自費出版や助成金を活用した教科書、テキスト出版なら神奈川県の出版社

Contents
自費出版ガイド

初めて自費出版をされるお客様向けに“自費出版の手引き”として、どのような準備をして、どのようなことに注意しならがら進めていくのがいいのかなどを詳しくまとめた「自費出版ガイド」をご用意しました。

自費出版ガイドはコチラ
書籍詳細
言語接触と言語変異
−中国黒龍江省ドルブットモンゴル族コミュニティー言語を事例として−
東京大学学術研究員 包聯群 (BAO LIANQUN / ボウ レンチュン)
本書は中国東北地域の黒龍江省におけるモンゴル人の言語変異実態およびそのプロセスを詳細に論述したものである。東北地域に暮らすモンゴル人が漢民族の文化、言語などの影響を強く受け、祖先から受け継いだ言語を失いつつある状況を明らかにし、モンゴル語と中国語による接触言語を描くことによって、社会言語学の言語接触分野において議論の焦点ともなっている混合言語、およびバイリンガル・言語維持・言語シフトなどについても考察した。
*日本学術振興会科学研究費成果公開促進費による出版
ISBN978-4-86299-019-8
A5判 上製 460頁
定価(本体6,857円+税)
現代図書

注文方法はこちら
Information
更新情報
受賞著書
市之川鉱山物語

市之川鉱山物語

埼玉医科大学教授
田邊一郎 編著
日本自費出版文化賞 特別賞
愛媛出版文化賞 奨励賞

教育の質的向上のための品質システム工学的データ分析

教育の質的向上のための品質システム工学的データ分析

電気通信大学助教授
椿美智子
日経品質管理文献賞

科学研究費補助金助成出版
中国モンゴル民族教育の変容

中国モンゴル民族教育の変容 ‐バイリンガル教育と英語教育の導入をめぐって

首都大学東京 都市教養学部助教 ハスゲレル
日本学術振興会科学研究費補助金成果公開促進費による出版

ムンダ語に於ける‐“構造的機能性”

ムンダ語に於ける Grammatical Agreement から見る言語の“構造的機能性”

茨城大学教授 藤井文男
日本学術振興会科学研究費成果公開促進費による出版

固体惑星物質進化

固体惑星物質進化

東京大学大学院名誉教授 武田弘
平成20年度科学研究費補助金(成果公開促進費)助成による出版

アラブ・イスラム世界における他者像の変遷

アラブ・イスラム世界における

東京外国語大学教授 八木久美子
平成18年度学術振興会科学研究費(成果公開促進費)助成による出版

画像診断のためのROC解析概論

画像診断のためのROC解析概論

名古屋大学医学部助教授 池田 充
平成17年度科学研究費補助金(成果公開促進費)助成による出版

リンク