自費出版や助成金を活用した教科書、テキスト出版なら神奈川県相模原市の出版社

Contents
自費出版ガイド

初めて自費出版をされるお客様向けに“自費出版の手引き”として、どのような準備をして、どのようなことに注意しならがら進めていくのがいいのかなどを詳しくまとめた「自費出版ガイド」をご用意しました。

自費出版ガイドはコチラ
書籍詳細
マングローブ生態系と地球温暖化ガス(欧文)
温暖化対策としての沿岸生態系修復の有効性と課題
(財)電力中央研究所 環境科学研究所 上席研究員、農学博士 立田穣,
Rob Upstill-Goddard, Tom Goreau, Dan Alongi, Akihiro Nose, Erik Kristensen and Gullaya Wattayakorn
植林/再植林は、森林(マングローブや湿地を含む)が二酸化炭素やその他温室効果ガスの吸収/放出源となり得ることから、温暖化対策に関連する環境課題として考えられ始めている。特に、マングローブ植林や生態系管理は、地域的/全球的に、二酸化炭素の回収隔離や、その他温暖化ガスの放出制御対策のひとつとなり得るかもしれない。マングローブの植林/再植林活動は、大気からCO2を隔離して、生態系に有機炭素として貯蔵する効果的な方法であることから、温室効果緩和を含めた有効なマングローブ生態系の管理方法を導き出すために、CO2や有機炭素の収支やフラックスを評価することが必要である。特に、CH4とN2Oは通常湿地から放出されやすいことから、マングローブ生態系のCO2回収隔離効果に対するこれらの温室効果ガスの相殺効果を見極めるために、CH4 とN2Oの放出量の正確な評価は重要である。加えて、2002に批准された京都議定書で合意されたCDM (クリ−ン開発メカニズム)における植林による吸収源創出活動から発生する炭素クレジットを定量するために、マングローブ森林樹木と堆積物泥炭の炭素貯蔵量の正確な評価が必要である。また、マングローブ生態系管理や植林/再植林が、温室効果の緩和に定量的に有効であるとしても、これらの効果と併せて、他の環境影響緩和効果(防波護岸効果、富栄養化緩和効果、水産資源育成効果など)と総合して、最適な沿岸生態系管理方策の科学意的根拠を導き出す必要がある。

※文科省・科学研究費成果公開促進費による助成出版
→英文の紹介ページはこちら
ISBN978-4-906666-94-2
B5判 上製 272頁
定価(本体5,333円+税)
現代図書

注文方法はこちら
Information
更新情報
受賞著書
市之川鉱山物語

市之川鉱山物語

埼玉医科大学教授
田邊一郎 編著
日本自費出版文化賞 特別賞
愛媛出版文化賞 奨励賞

教育の質的向上のための品質システム工学的データ分析

教育の質的向上のための品質システム工学的データ分析

電気通信大学助教授
椿美智子
日経品質管理文献賞

科学研究費補助金助成出版
中国モンゴル民族教育の変容

中国モンゴル民族教育の変容 ‐バイリンガル教育と英語教育の導入をめぐって

首都大学東京 都市教養学部助教 ハスゲレル
日本学術振興会科学研究費補助金成果公開促進費による出版

ムンダ語に於ける‐“構造的機能性”

ムンダ語に於ける Grammatical Agreement から見る言語の“構造的機能性”

茨城大学教授 藤井文男
日本学術振興会科学研究費成果公開促進費による出版

固体惑星物質進化

固体惑星物質進化

東京大学大学院名誉教授 武田弘
平成20年度科学研究費補助金(成果公開促進費)助成による出版

アラブ・イスラム世界における他者像の変遷

アラブ・イスラム世界における

東京外国語大学教授 八木久美子
平成18年度学術振興会科学研究費(成果公開促進費)助成による出版

画像診断のためのROC解析概論

画像診断のためのROC解析概論

名古屋大学医学部助教授 池田 充
平成17年度科学研究費補助金(成果公開促進費)助成による出版

リンク