開戦と終戦のとき

開戦と終戦のとき

-大戦外交の実像-

著|田中清定
定価838円(762円+税)
在庫:あり
仕様:新書判並製
ページ数:159
ISBN:4-434-02617-8
発行日:2002/11/27
フォームから注文する
summary
   

いま日本の外交のあり方が厳しく問われているが、その外交がかつての日本の存亡を担ったとき、半世紀前の日米開戦と終戦の経緯を解明し、現代に通ずる外交のあり方を問い直した。例のハルノートのこと、ルーズベルトの天皇宛親電のこと、日本の最後通牒のこと、日本外務省の暗号解読班のこと、駐米大使や駐ソ大使のこと、ソ連に頼んだ終戦工作のこと、などなどをめぐり、通説では見えない真実の姿を基本的な文献や資料から読み解いている。

introduction
田中清定(たなか きよさだ)

関東学園大学法学部教授(労働法担当)。東京大学法学部卒、労働省入省、東京労働基準局長、労働保険審査会会長など歴任。

【主な著書】

※発行時の奥付より
binding