広告クリエイティブ・マネジメント論の展望

広告クリエイティブ・マネジメント論の展望

-日本の広告クリエイティブの訴求力回復への道-

著|川戸和英
定価1,885円(1,714円+税)
在庫:あり
仕様:A5判上製
ページ数:195
ISBN:4-434-05127-x
発行日:2004/12/24
フォームから注文する
summary
   

「日本の広告は今、訴求力を失っている」 これは筆者だけの問題提起ではなく、広告の現場からの指摘でもある。本書は、その根本的要因を「広告クリエイティブの貧困化」にあると分析。テレビ広告誕生以来の日本の広告クリエイティブの歩みを、社会の動きや広告関係業界、視聴者の立場から回顧して現状の問題点を明らかにする。そして広告クリエイティブの訴求力回復のために、「広告クリエイティブ・マネジメント」の概念とその具体化を提言する。

introduction
川戸和英(かわと かずひで)

大同工業大学情報学部教授。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業、(株)万年社入社。大阪本部にて広告制作を担当。この間、ACC、CMコンクールで、テレビCMで奨励賞3回、ラジオCMで秀作賞7回受賞。在社中に専修学校大阪モード学園講師、宣伝会議コピーライター養成講座大阪教室講師、大阪テレビタレントニューロー講師、信州大学経済学部客員講師を務める。1992年に同志社大学大学院アメリカ研究科博士課程前期課程に社会人大学院生として入学、1994年に修士号。2003年に同博士課程後期課程単位取得退学。同年より大同工業大学社会交流エクステンションセンター副センター長。2004年11月より、同大学情報学部教授。

※発行時の奥付より
binding