電波資源のエコノミクス

電波資源のエコノミクス

-米国の周波数オークション-

著|鬼木甫
定価8,905円(8,095円+税)
在庫:なし
仕様:A5判上製
ページ数:378
ISBN:4-906666-21-3
発行日:2002/02/28
summary
   

本著は次の第三部からなる。第一部は電波資源の経済理論、第二部は電波資源の権利制度の歴史と現状を日米両国について概観、第三部は米国で1990年代に採用された「周波数オークション」の経過と結果が考察されている。

contents
  • まえがき
  • 詳細目次
  • 図表目次
序章
第1部 電波資源のエコノミクス
Ⅰ章 スペース資源と電波資源
Ⅱ章 電波資源の利用制度
Ⅲ章 新しい電波利用制度の提案-「リース・オークション制度」
第2部 電波資源のエコノミクス
Ⅳ章 米国の電波資源管理の歴史
Ⅴ章 米国議会等における周波数オークションの検討経過
Ⅵ章 周波数オークション制度の基本
Ⅶ章 FCCによる周波数オークション制度の構築
Ⅷ章 周波数オークションの経過
Ⅸ章 広帯域PCSオークション-Cブロックの問題
Ⅹ章 周波数オークションの全体結果と結論
付録
  • 付録A:FCC等による規制の概略
  • 付録B:「(米国)周波数オークション」に関する議会資料・FCC資料
  • 付録C:「(米国)周波数オークション」年表(1910~2002年)
参考文献
  • 事項索引
  • 著者名等索引
introduction
鬼木甫(おにき はじめ)

大阪学院大学経済学部教授、大阪大学名誉教授、関西大学客員教授。

【主な著書】

※発行時の奥付より
grant

平成13年度日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費)学術図書(課題番号135250)を受けての刊行。