The Early Embryonic Development of Bombyx mori

The Early Embryonic Development of Bombyx mori

-An ultrastructural point of view-

著|宮慶一郎
編著|柳沼利信
編著|鈴木幸一
定価15,400円(14,000円+税)
在庫:あり
仕様:B5判上製
ページ数:222
ISBN:4-906666-25-6
発行日:2003
フォームから注文する
summary
   

『カイコの初期発生 -特に超微細構造-』 次々とゲノム解読が進む今日、各遺伝子が各細胞、細胞内各構成要素・場とどのように係わるかを明らかにすべき段階に入りつつある。この課題に答えるべく、カイコの卵細胞から嚢胚形成までの初期発生過程を微細構造として捉え、幾つかの新知見を提案している。これらは、キイロショウジョウバエの知見と合わせて、昆虫全体の初期発生の理解を押し進めるものである。また、形そのものとして見るとき、いかに生命は美しいかを痛感する。

introduction
宮慶一郎(みや けいいちろう)

岩手大学名誉教授。

柳沼利信(やぎぬま としのぶ)

名古屋大学大学院生命農学研究科教授。

鈴木幸一(すずき こういち)

岩手大学農学部教授。

※発行時の奥付より
grant

平成14年度日本学術振興会科学研究費補助金による出版。

binding