よくある質問

-FAQ-

著者の方からよくお問い合わせいただく質問とその回答を紹介しています。

資料請求よりお申し込みください。パンフレットを含むご案内資料と出版したサンプル本を無料でお送りします。

当社は専任担当者制をとっております。専任となった担当者が、ご相談から納品まで責任を持って最後までお手伝いいたします。

無料で見積書を作成いたします。すでに原稿が出来上がっている場合にはコピーをお送りいただけると詳細なお見積が可能です。まだ、これからという場合には下記についてわかる範囲でご連絡ください。ページ数、部数などを確認して概算のお見積をご案内いたします。

  • ●本のサイズ
    1. A5判(横148×縦210mm)/B5判(横182×縦257mm)/A4判(横210×縦297mm)
      四六判(横128×縦188mm)/文庫判(横105×縦148mm)/新書判(横103×縦182mm)/その他
  • ●製本の種類
    1. 上製(ハードカバー)/並製(ソフトカバー)
  • ●ページ数
  • ●発行部数
  • ●その他のご希望

ご安心ください。メールや郵送などのやりとりだけで、進めることができます。原稿のデータをメールに添付して送っていただき、校正戻しや表紙の確認などは郵送でお送りしたものをご自宅でご確認いただければ問題ございません。パソコンをお持ちでなくメールが使えない場合には、郵送だけでも対応可能です。これまで日本全国の著者と数多くの出版実績がございます。

事前にご連絡をお願いします。担当者がお打ち合わせの日程を調整したうえで、ご対応させていただきます。実際の本などをご覧いただきながら、疑問や不明点について説明いたします。関東近郊であれば、大学や研究所、カフェなどにお伺いさせていただくことも可能です。お気軽にご相談ください。

お気軽にご連絡ください。未完成の原稿やアイデア段階でも大丈夫です。原稿募集ページからご依頼いただくか、お電話ください。原稿を拝見させていただき、出版にあたってのアドバイスなどさせていただきます。

手書きの原稿でも承ります。手書き原稿は、紙に書かれた文章をデータにするためのデータ入力(※別途費用)が必要になります。データ化の際に誤字脱字や送り仮名の統一などの簡易校正も同時にできますので、ご相談ください。

ご自身でご用意できない場合は、ご希望をお伺いして、イメージに適したイラストレーターやデザイナーを当社より手配いたします。費用は内容に応じてお見積となります。

撮影した写真やスケッチをカバーにすることも可能です。具体的にイメージしている本があれば、書籍名をお教えください。担当者が書籍の内容に応じたサイズ、デザインをご提案いたします。また、特にカバーや表紙に力を入れてデザイン性の高いものをご希望の場合には、カバーデザインを専門にしている取引先に依頼して、いくつか案をお出しすることもできます。

平均すると3~4ヵ月になりますが、著者のペース、原稿内容、原稿ボリューム、校正回数によって変動します。原稿が十分に整理されていて、差し込む写真や図表等も万全にご準備されている場合には、通常よりも早く出版することもできます。

当社発行の書籍は、国立国会図書館へすべて納本しています。手続きは当社が対応いたします。費用もいただいておりません。

ご安心ください。お見積やご相談いただいた後日、出版のご意向は確認させていただきますが、それ以外は一切いたしません。納得いただけない内容であれば、ご遠慮なくお断りいただいて大丈夫です。「もっと詳しく聞きたい」「条件を変えた見積が欲しい」「担当者に会って話をしたい」などのご要望がでてきた際には、お気軽にご連絡ください、お待ちしております。

出版形態(自費出版/費用立替出版/助成金出版など)によりお支払いのタイミングが異なるため、担当者よりご案内させていただきます。
(例)自費出版の場合:初校出し時点で費用の50%、完成時に残りの50%となります。

なるべく著者のご意向を尊重しつつ、適切な方法をアドバイスさせていただきます。公序良俗に反するものや誹謗中傷に値するもの、反社会的勢力を擁護するような内容などは、お断りさせていただく場合がございます。

電子書籍だけの制作も可能です。ただし、基本的には当社にて紙書籍を出版された場合に、電子書籍の制作もいたします。紙の本と同時に制作すると電子書籍化の費用が抑えられますので、ご興味がある場合はご相談ください。また、制作した電子書籍をアマゾンKindleストア上で販売する支援(委託販売)もしています。

OFFICIAL SNS ACCOUNT