現代金融論入門

現代金融論入門

情報と信用

著|工藤和久
定価2,409円(2,190円+税)
在庫:あり
仕様:A5判並製
ページ数:190
ISBN:978-4-86299-018-1
発行日:2010/05/27
フォームから注文する
summary
   

アメリカの金融市場破綻によって引き起こされた2008年の経済大変動は、金融取引に於ける情報の役割の重要性を再認識させ、金融規制や監督のあり方に人々の関心を高めたと言える。本書は主に不確実性と情報の問題に焦点を当てて、金融取引の理論を最近の金融上の諸問題―証券化と格付に於けるモラルハザードの問題、銀行の自己資本や預金保険制度の問題等―と関連付けながら、入門的なレベルで解説する。本書は今回の金融危機に関わるものを含めて、金融取引の於ける情報に関わる諸問題の理解を深めるのに有益である。

正誤表(pdf)はこちらからダウンロードしてください。

introduction
工藤和久(くどう かずひさ)

中央大学教授。東京大学経済学部卒、同大学院経済学研究科修士課程修了、シカゴ大学経済学大学院博士課程(ph.D candidate資格取得後)中退。経済学博士(東京大学)。東京都立大学助教、筑波大学教授を経て現職。

【主な著書】

※発行時の奥付より
binding