スポーツ・健康のための食事・サプリメント学

スポーツ・健康のための食事・サプリメント学

著|早川公康
定価1,980円(1,800円+税)
在庫:あり
仕様:B5判並製
ページ数:127
ISBN:978-4-434-26989-9
発行日:2020/03/26
フォームから注文する
summary
   

スポーツ・健康のための栄養・食事のあり方に関して、理論と実践をリンクさせながらわかりやすく解説。基本的な栄養学を理解し、正しく食事やサプリメントと向き合うための知識や考え方を身につけることができる。筆者はアスリート経験をもち、現在は、栄養指導者・運動指導者・競技スポーツ指導者・研究指導者という多種の立場で活動。専門家や指導者、学生だけでなく、一般の方々でも読みやすい内容となっている。

contents
  • 序 文
第1章 食事とは
  • 1-1 食事の定義
  • 1-2 食文化と健康生活
第2章 サプリメントとは
  • 2-1 サプリメントの定義
  • 2-2 サプリメントの動向
  • 2-3 サプリメントは 「使用すべき」か「使用すべきではない」か
  • 2-4 サプリメント使用の現状
  • 2-5 サプリメント使用の留意点
  • 2-6 サプリメントの形状
  • 2-7 選ぶ基準について
  • 2-8 「健康食品」とは
  • 2-9 保健機能食品とは
第3章 健康と食事
  • 3-1 健康とは
  • 3-2 健康をつくる食事
  • 3-3 食事内容を考える根拠としての栄養学的理論
  • 3-4 咀嚼の効果
  • 3-5 外食における留意点
  • 3-6 正しい食生活観の確立
第4章 健康とサプリメント
  • 4-1 健康食品の正しい理解と活用
  • 4-2 どのような場合にサプリメントは有用か(一般人の健康)
  • 4-3 どのような場合にサプリメントは無用か(一般人の健康)
  • 4-4 サプリメント使用の有用性基準(フローチャート)
  • 4-5 サプリメント・健康食品による健康被害
第5章 スポーツと栄養
  • 5-1 スポーツ栄養学の普及
  • 5-2 スポーツ栄養士とは
第6章 スポーツと食事
  • 6-1 スポーツ選手に適した食事とは
  • 6-2 身体・運動における栄養素とその役割
  • 6-3 望ましい栄養状態・食事とは
  • 6-4 体組成管理の重要性
  • 6-5 オーバーロードの原則と超回復
  • 6-6 競技力・トレーニング・成長の相互関連
  • 6-7 試合前日の食事
  • 6-8 試合当日の食事
  • 6-9 食事に関するQ&A
  • 6-10 貧血の予防と改善について
  • 6-11 誰もが楽しめるスポーツライフの未来に向かって
第7章 スポーツとサプリメント
  • 7-1 スポーツサプリメント(エルゴジェニックエイド)とは
  • 7-2 従来の一般的なサプリメントとの違い
  • 7-3 スポーツサプリメントの情報
  • 7-4 サプリメントの留意点
  • 7-5 サプリメントの有用性と無用性
  • 7-6 サプリメント利用の有用性判定基準〈フローチャート〉
  • 7-7 サプリメントの安全性や品質について
  • 7-8 サプリメント起因のドーピング違反
  • 7-9 国内のサプリメント認証における問題点
  • 7-10 アスリートが安心して使えるサプリメント
  • 7-11 サプリメントのメリット・デメリット
  • 7-12 サプリメントに対する正しい考え方
  • 7-13 サプリメントアドバイザーの必要性の高まり
  • 7-14 サプリメントアドバイザーの資質
  • 7-15 栄養・食事に対する正しい考え方
第8章 アスリートの栄養指導者
  • 8-1 全日本トップチームが栄養指導者に求める資質・能力・経験等について
  • 8-2 サプリメント理解度について
  • 8-3 アスリートを理解し寄り添える指導者とは
第9章 まとめ
  • 9-1 「健康スポーツ栄養」と「競技スポーツ(アスリート)栄養」
第10章 運動・栄養系の公的・社会的免許・資格の価値
  • 10-1 栄養士のサプリメント指導の実態
  • 10-2 運動・栄養系の多職種連携
  • 10-3 運動・栄養系の多種資格取得の勧め
第11章 参考資料:リーフレット集
  • 参考文献
  • 著者紹介
introduction
早川公康(はやかわ きみやす)

仙台大学大学院教授。大阪市立大学大学院修士課程(健康生理学研究室)、東京大学大学院博士課程(身体運動科学研究室)。 【栄養系】管理栄養士、公認スポーツ栄養士、NRサプリメントアドバイザー、食品保健指導士、食育指導士。 【運動系】CSCS (ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)、健康運動指導士、障害者スポーツ指導員、幼少年体育指導士、赤十字ベーシックライフサポーター。

※発行時の奥付より
binding